iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

皆さんは時代を先取りしすぎたPS Vitaという携帯ゲーム機をご存知でしょうか iPhone(アイフォン)修理 秋葉原なら秋葉原駅近のスマホスピタル秋葉原にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

iPhoneお役立ち情報

マメ知識

皆さんは時代を先取りしすぎたPS Vitaという携帯ゲーム機をご存知でしょうか

[2021.09.13] スマホスピタル秋葉原

カテゴリー:マメ知識


スマホスピタル秋葉原店です。

既にご存知の方も多いとは思いますが、2021年の7月6日、

任天堂が2021年の10月8日に新型のSwitchを発売すると公式発表しました。

2017年の3月に発売された初代Switchのマイナーチェンジモデルが2019年の8月に発売されましたが、こちらの2代目Switchはバッテリーの駆動時間が伸びたこと以外の特徴はありません。

しかし、2021年の10月に発売される新型Switchは今までに発売されたSwitchと比べて大幅に改良されています。

新型Switchの特徴

主な特徴は以下になります。

・ディスプレイが液晶から有機ELパネルに変更

・ディスプレイの大きさも6.2インチから7インチに拡大

・背面スタンドはフリーストップ式に改良

・本体に付属されるドックは有線LANに対応可能

・本体保存メモリーが32GBから64GBに拡張

他にもスピーカーがよりクリアな音を発する新しいものへ変更されたり、Joy-Conやドックの色がホワイトになっていたりと様々なアップグレードがなされました。

しかし、一番の特徴はなんといってもやはりディスプレイが液晶から有機ELパネルに変更された点ではないでしょうか。

その証拠に新型Switchを紹介する公式ホームページでは一番目立つ場所に

色鮮やか有機ELディスプレイという文字が強調して書かれています。

それだけのアピールポイントとなっている有機ELパネルですが、こちらのディスプレイは液晶に比べて一体なにが優れているのでしょうか。

有機ELとは

まず始めに有機ELとは『有機エレクトロルミネッセンス』の略称になります。

有機EL自体の説明を詳しく書きますと説明が長くなってしまいますので省略いたしますが、有機ELと液晶にはいくつかの違いがあります。

そして一番の違いが発光する際にバックボードを必要とするかどうかです。

液晶画面は自分で発光することができないため、代わりに発光してくれるバックボードを必要としますが、有機ELは自分自身(素子と呼ばれる部分)で発光することができます。

そのためバックボードを必要としない有機ELディスプレイは液晶よりも薄いという特徴だけではなく、液晶よりも発色が優れている、という特徴もあるのです。

色の話を続けますと液晶は画面の色が黒に近づくほど見辛くなっていきますが、有機ELパネルは様々な黒色を再現することができ、動きが速い映像でも残像が見えません。

そして、この有機ELパネルを世界で初めて搭載した携帯ゲーム機こそ、

タイトルにもあるPS Vitaなのです!

PS Vitaの凄い点

PS VitaとはSONYが2011年12月17日に発売した携帯ゲーム機で、PSP(PlayStation Portable)の後継機として発売されたモデルになります。

余談ですが『Vita』という単語はラテン語で、英訳すると『Life』という意味だそうです。

これにはエンターテイメントと現実の境界を越え、日々の生活そのものを遊びに変えていきたい、という気持ちが込められているとかなんとか。

話を戻しますと、PSPの正当な後継機として発売されたPS Vitaは新型Switch同様、有機ELパネルが搭載されていることが一番の特徴となっており、その結果値段もPSPよりも少し高く設定されました。

PSP-3000は発売当初の税込み希望小売り価格が19,800円でしたが、PS Vita(PCH-1000モデル)はWi-Fiモデルが24,980円、3G/Wi-Fi対応モデルにいたっては29,980円となっています。

これだけ聞くと高いと思われるかもしれませんが、これは決して高くありません。

なぜならPS VitaはあのSONYが開発しただけあって、スペックはかなり高いからです。

本体に取り付けられている5インチの有機ELパネルの画素数は従来のPSPの4倍(総画素数 960×544、約1677万色同時表示)にあたり、画面にはマルチタッチスクリーンの搭載に加えて、本体の背面にもマルチタッチパッドを搭載しています。

もちろんPS Vitaの凄い点はそれだけではありません。

なんとメインメモリは512MB、VRAMも128MB搭載しており、単純なメモリ搭載量だけ見れば携帯ゲーム機でありながら据え置き機であるPS3(メインメモリは256MB)やXbox360を上回っているのです。

ちなみに冒頭にて紹介したSwitchのメインメモリは世代に関わらず2GBモジュール×2の合計4GBとなっていますので、携帯ゲーム機として当時の最先端を走っていたPS Vitaの4倍にあたります。

・・・これだけでも時代の進歩を感じますね。
(Switchとは違い完全な据え置き機であるPS4のメインメモリは8GBだそうです)

またPS VitaはCPU(コンピューターの中心処理装置。人間でいうところの脳みそにあたる部分)の性能も申し分なく、携帯ゲーム機でありながらPS4のソフトをリモートプレイで遊ぶことも可能です。

しかし残念ながら高性能で売り出したPS Vitaの販売台数は思ったよりも伸びず、SONYは初代PS Vitaの次世代モデルとして発売したPS Vita PCH-2000モデルの出荷を2019年3月で終了しました。

その結果、SONYはPSP-1000の発売から14年2ヶ月に渡って展開してきた携帯ゲーム機市場から撤退してしまうのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

新型Switchの発売が発表されたことで大きく話題になった有機ELパネルですが、実は携帯ゲーム機で有機ELパネルが搭載されるのは新型Switchが初めてではなかったのです。

PS VitaはPSPや3DSよりもハイスペックなことが売りの携帯ゲーム機でしたが、PSPと違いゲームソフトなどに恵まれず、PSPや3DSのように大ヒットすることは叶いませんでした。

よりハイスペックを求める層はPS4を買い、手軽さを求めた層は3DSを買った結果、手軽さとハイスペックを両立したPS Vitaは中途半端とみなされてしまったのが原因かもしれません。

しかし私のようにPS Vitaの発売時期が青春時代と被っていた方々はPS Vitaに特別な思い入れがあるのではないでしょうか。

私は『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』、『グラビティ・デイズ』、『ソウルサクリファイス・デルタ』などをPS Vitaで遊び倒したので、PS Vitaの生産が終了したことを知った際は驚いたことを今でもよく覚えています。

現在PS Vitaはプレミアが付き、新品ですと3万円を超えるようになってしまったので、もしもう一度PS Vitaで遊びたいと思った方は早めに買い直したほうが良いでしょう。

既に持っているPS Vitaが故障していた場合は当店のような修理店にご相談ください。

当店ではiPhoneやAndroidといったスマートフォンだけではなく、Nintendo SwitchSwitch Lite、3DSなどのゲーム機にも対応しています。

☆☆☆スマホスピタル秋葉原店☆☆☆

〒101-0021

東京都千代田区外神田1丁目15-8 丸山ビル4階

9時30分~18時(金・土は19時まで営業)
※最終受付は曜日に関係なく閉店時間の30分前になります

03-5577-5547

一覧に戻る

03-5577-5547 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル