iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

コスパは最強クラス!? OPPO Reno3 A iPhone(アイフォン)修理 秋葉原なら秋葉原駅近のスマホスピタル秋葉原にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

iPhoneお役立ち情報

コスパは最強クラス!? OPPO Reno3 A

[2020.07.09] スマホスピタル秋葉原

こんにちは!スマホスピタル秋葉原店のオタク1号です!

 

今回はちょっと真面目に……

 

みなさん、OPPOという会社は知っていますか?

今、android業界での売り上げのトップ3を争っている会社です!

 

▶OPPO Japanの公式ページはこちら◀

 

OPPOとは、中国に本社を置くスマホメーカーです。

中国と聞いて、「えぇ~中国ぅ~?」と思う方もいるかもしれませんが、大抵のものが中国産ですので、そこまで気にする必要はないかと思います。

 

OPPOは2004年に創立され、2008年に携帯業界へ参戦した企業です。

そして、名前が知られ始めたのは2018年に発表した「Find X」

これはルーヴル美術館での発表会にてお披露目された製品で、全画面が特徴のスマホです。

 

OSはAndroidOSがベースのColorOSという独自のOSを使っています。

そこでまた言われます。

「違うOSってことはGoogle Play入れられないんじゃないのぉ~?」と

しかし、独自の技術というのはAndroidOSで使いにくいと感じる部分をより使いやすくする。

というだけですので、Google Playはきちんと入れられます。

それでもまだ不安な方はデモ機が置いてある家電量販店で確認してみるのをオススメします。

 

さて、ではなぜOPPOがここまでの有名企業になったのでしょう?

 

それはやはり、「コストパフォーマンス」だと、私は思います。

どんな商品でも安すぎると「怪しい」、高すぎると「高いだけでしょ」と言われてしまいます。

それをスマホ換算にすると1万円程で「安すぎる」、10万円までいくと「高すぎる」というような印象があります。

 

では、どれぐらいの価格だと万人に受け入れやすい価格なのでしょうか?

個人的には「3万円~5万円程度」だと考えております。

 

なぜ、この価格帯になるのでしょう?

それはスマホへの価値観だと、個人的には思います。

スマホはバッテリーの劣化の影響で2~3年で買い替えるもの。と言われております

また、使う目的や頻度によっても変わってくるかと思いますが、大抵の方はSNSやネットサーフィン、ちょっとしたソシャゲでの使用が多いかと思います。

 

そのために必要な最低スペックはスナップドラゴン600番台、メモリ4GB、ストレージ64GB程です。

この性能のスマホの価格帯の多くが5万円程になります。

 

しかし、最近トップ争いをしている企業は上記以上の性能で3万円~5万円をたたきだしています。

ですので、OPPOを選ぶ人が増えているのが現状です。

 

そのOPPOが6月25日に新製品を発売したのをご存じでしょうか?

 

それが、「OPPO Reno3 A」というモデルです。

 

Reno3 AはReno Aの後継機にあたるもので、コスパの高さやカラーリングのかわいさから注目を浴びています。

 

▶Reno3 Aの公式ページはこちら◀

 

では、簡単にスペックの確認を致します。

 

OS:Android 10をベースとしたColor OS 7.1

CPU:Snapdragon 665

メモリ:6GB

ストレージ:128GB

ディスプレイ:6.44インチ(2400×1080 FullHD+)有機ELディスプレイ

アウトカメラ:約4800万画素+約800万画素+約200万画素+約200万画素

インカメラ:約1600万画素

バッテリー:4025mAh

カラー:ホワイト/ブラック(ホワイトがすごくかわいい)

その他:防水防塵(IP68/IP58)/FeliCa(おサイフケータイ)/Qi(急速充電)

価格:39,800円(税込み) ※ヨドバシカメラ店頭に置いてあるSIMフリーモデル

 

日本製品のスマホと比べるとコスパがすごくいいことが分かります。

 

しかし、Reno Aの後継機でありながら、スペックダウンしている点がいくつかございます

 

 Reno AReno3 A
CPUSnapdragon710Snapdragon665
インカメラ約2500万画素約1600万画素
重さ169g175g

 

たったこれだけなのですが、一番大きい点はCPUが下がった点かと思います。

ただ、上にも書きましたが、SNS、ネットサーフィン、ちょっとした動画の閲覧程度であればReno3 Aでも十分快適に使用することが可能です。

もう一つ、重さですね。たった6g程度なので誤差程度かと思いますが、気になる方は気になると思いますので、やっぱり実機は触っておくべきだと思います。

 

一応、Reno Aの製品ページも貼っておきますね

 

▶Reno Aの公式ページはこちら◀

 

さて、上記で紹介した二つは既に発売しているものですが、7月の下旬に「Reno 3 5G」という、5G対応モデルが発売されます。

 

 

Reno3 A

Reno3 5G
CPUSnapdragon665Snapdragon765G
RAM6GB8GB
サイズ6.44インチ6.55インチ
外カメラ(2つ目)800万画素数1300万画素数
内カメラ1600万画素数3200万画素数

 

大きな違いはこの5つになります。

あとは、重さが5Gモデルの方が4g軽くなるぐらいかと思いますね。

さて、気になるお値段ですが、まだ公式での発表がありませんが、個人的な予想としましては+8000円程度で、47,800円ほどになるのではないでしょうか?

いづれにせよ、発表を待つだけですが……

 

▶Reno3 5Gの公式ページはこちら◀

 

あとは、「Reno 10x Zoom」というモデルがあるのですが、こちらはカメラの性能がえげつないほどすごい機種です。

そのほかのスペックはローエンドモデル~ミドルレンジモデルの間ぐらいの性能ですが、カメラに関して言えば安めの一眼レフ並みの性能があるのではないでしょうか?

 

▶Reno 10x Zoomの公式ページはこちら◀

 

ここまでReno Aシリーズをご紹介しましたが、Renoってなんて読むと思いますか?

レノ、ではなく「リノ」と読みます。

最初は引っ掛かりました……

レノだと思うじゃん恥ずかしい……

 

では、紹介してきた中で何がおすすめでしょうか?

 

ソシャゲもやらないけど、大画面で動画や写真を楽しみたい!という方には「Reno3 A」

ソシャゲもやらないし、動画も見ないけど、大画面でネットサーフィンがしたい!という方には「Reno A」

ソシャゲはやるけど、重い処理が必要なソシャゲはやらないよ!という方には「Reno3 5G」

とにかくカメラ!カメラさえよければなんでもいい!という方には「一眼レフ」

重い処理をするソシャゲめちゃくちゃやるし、お絵かきとか、簡単な動画編集する!という方には「パソコン」をお勧めします!

 

……大画面でネットサーフィンだけしたいなら別会社でもっとコスパのいいモデルがあるので、今度紹介します

 

▶︎各種修理料金のご案内はこちら◀︎

 

修理速報一覧記事

スマホスピタル秋葉原店では修理件数5万件突破★iPhone画面修理・バッテリー交換をはじめ、android機種、ゲーム機の修理も行なっております♪当店で行なった修理の数々を下記よりご確認いただけます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一覧に戻る

03-5577-5547 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル