iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

自己流!スマホの選び方 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原なら秋葉原駅近のスマホスピタル秋葉原にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

自己流!スマホの選び方

[2019.06.30] スマホスピタル秋葉原

カテゴリー:スタッフオススメ情報

こんにちは、M-Aです!

今回は私がスマホ選びの時に注目する要素ランキング形式でお伝えします!

 

まず、明確にしておきたいのがスマホを使うときの目的です!

私は主にゲームをするので、ゲームをしようと思ってる方向けの記事になるかと思います

 

第1位 SoC

 このSoC、何かと言うと端末の頭脳みたいなものです

 正式名称は(System-on-a-Chip)です

 頭脳と言っても良く分からないんだけど……という方にはもっと簡単にご説明致します

 まず、学校の机に座ってる自分を想像してみて下さい

 その自分自身こそがSoCなんです

 これが優秀であればあるほど処理速度などが早くなります

 ゲームメインな私は主にSnapdragon 845以上のSoCを選んでいます

 昨年、スナドラ855が発表されました。855を搭載いてるスマホなら大体のゲームが動くでしょう

 しかし、845でも十分動くのでそこまでコストをかけたくない方は845を参考にしてみて下さい

 

第2位 RAM/ROM

 先ほど紹介したSoCなんですがいくら頭が良くても作業スペースがなければ本来の力を発揮しません

 その作業スペースに当たるのがRAMです

 簡単に言うと机の広さですね

 机が広いほどSoCが作業しやすくなるのでここは大きい数字のものを選びましょう

 目安ですと6GBあれば動きます8GBあると十分でしょう

 

 続いてROMです

 ROMとは収納スペースです

 机で例えると下の教科書を入れるところですね

 ここが広いとゲームやアプリのデータ、写真や動画(教科書に当たるもの)がたくさん収納できます

 SDを入れられる端末ならそこまで気にするものじゃないのですが、

 SDにゲームデータを保存するとデメリットが大きいのでゲームをしたいなら128GB以上あるものを選びましょう

 

 具体的なデメリットというのが

  • 読み込み速度が遅くなる
  • パソコンで保存先をSDにすることが必要   

 この他にもデメリットがいくつかあるのでゲーマーには不向きです

 

 じゃあSDカードってどんな時に使うのか?といいますと、写真や動画を撮る方向けなんです

 写真や動画の保存先はスマホ単体で変えられますし、処理速度はさほど変わりません。なのでSDは写真や動画用という認識で大丈夫です

 

第3位 リフレッシュレート(Hz)

 リフレッシュレート。ゲーミングPCをお持ちの方は分かるのではないでしょうか?

 これはどういったものかというと一秒間に描写できる画像の枚数です

 

 スマホなどは動いてるものがリアルタイムで流れているのではなく、いくつかの静止画が高速で入れ替わって初めて動画のように見える。というものです

 

 人間が認識できるのは30Hzまでです。じゃあ30Hzのものを選べばいいか、と聞かれたら答えはNOです

 何故かと言うと動画にしたとき、30Hzだと荒くなるからです

 極端に言うと50m走者と写真で撮るのと動画で撮るのでは全然違いますよね?

 ここでいう30Hzは写真で撮った場合、それ以上の90Hzや120Hzは動画で撮った場合です

 

 なのでリフレッシュレートのオススメは90Hz以上のものになります

 

第4位 冷却機能

 中にはこの冷却機能を重視する方はいるのではないでしょうか?

 まず、この冷却はなにを冷やしてるのかと言うとバッテリーを冷やしてるんです

 バッテリーはすぐに発熱します。そしてその割には熱に弱いです。が、

 私がなぜこの冷却機能をこの順位に置いてるかと言うと、だいたいのスマホは丁寧に使えばバッテリーは通常に使えるからです。

 

 例えば重いゲームは本体が熱くなったらすぐに辞めて数時間は触らないだとか、充電中は絶対に触らないようにするだとかです。

 さらに、ゲーミングスマホはどの機種も冷却機能に優れています。ただ、その冷却機能がスペック表に書いていなかったら更に調べる必要がありますし、書いてあるようであればそれを参考にしていただけたらと思います

 

第5位 ベゼル、ノッチの有無

 ベゼルやノッチ。最近良く耳にすると思います

 ベゼルとは、スマホの縁部分です。これがなかったら画面いっぱい使えるというものですね

 ノッチとは最近、iPhoneなどで見かける上のニョキッとしたやつです

 

 じゃあゲームをやる上でベゼルやノッチは必要なのかと問われたら、ベゼルは必要ノッチは不必要です

 かと言ってノッチレスの全画面スマホもおすすめしません。ちゃんと縁のすべてが囲われてる今までのスマホのようなものを選びましょう

 

 何故かと言うと、ゲームを横持ちでやる際、ベゼルがないと手のひらが画面に当たり誤タップが起こります

 そしてノッチがあると隠れてる部分が見れません

 

 なのでこの部分は優先順位が低いですがちゃんと見てほしいです

 

最後に……

 いかがでしたでしょうか。これは個人的に注目してるものになりますのであくまで参考程度にしていただけたらと思います

 

 そしてもちろん、今回上記に上がらなかった要素も大事になってくるので気になっている機種をちゃんと見比べるといいでしょう。また、今回はゲームをする方向けでしたが、写真や動画がメインの方はカメラ機能や画素数、そしてストレージ(ROM)を見ていただいた方がいいでしょう

 

 ちなみに、私が他に注目してるのがディスプレイ、急速充電、スピーカー、防水・防塵レベル、バッテリー容量、OSなどです

 急速充電対応ならばバッテリー容量は気にする必要ないのですが、最近だと3000mAhは欲しいですね

 

 防水・防塵レベルは高ければ高いほどいいです。表記はIP○○です。見方としては、

 IP(Ingress Protection)日本語で侵入への保護です。

 数字は前半が防塵、後半が防水です

 それぞれ、どの程度の防御力かと言うと

  防塵の場合……

   IP0○:保護なし

   IP1○:手の接近からの保護

   IP2○:指の接近からの保護

   IP3○:工具の先端からの保護

   IP4○:ワイヤーなどからの保護

   IP5○:粉塵からの保護

   IP6○:完全な防塵構造

 

  防水の場合……

   IP○0:水の侵入に対して保護されてない

   IP○1:垂直に落ちてくる水滴によって有害な影響を受けない

   IP○2:垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない

   IP○3:垂直より左右60°以内からの降雨によって有害な影響を受けない

   IP○4:いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない

   IP○5:いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない

   IP○6:いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない

   IP○7:規程の圧力、時間で水中に没しても水が侵入しない

   IP○8:水面下での使用が可能

 

 はい、これが今の防水・防塵の基準です。つまり、IP68(完全な防塵構造で水面下での使用が可能)がいちばん防水・防塵レベルが高いということですね

 ただ、いくらレベルが高くても精密機械には変わりないのでなるべく水辺や砂場での使用は控えて下さい

 

 そして最後に、いくら性能が良くても見た目が好みじゃないと乱雑に扱ってしまう様になってしまうかと思うので、見た目も重視して下さい!愛着を持ってそのスマホを使って下さい!

 

 以上、自己流スマホの選び方でした! では、またいつか、お会いしましょう!

一覧に戻る

03-5577-5547 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル