iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

三大ブランドに対抗するための新プラン UQモバイル、ワイモバイルの動きとは? iPhone(アイフォン)修理 秋葉原なら秋葉原駅近のスマホスピタル秋葉原にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

三大ブランドに対抗するための新プラン UQモバイル、ワイモバイルの動きとは?

[2021.02.25] スマホスピタル秋葉原

カテゴリー:スタッフオススメ情報

三大ブランドに対抗するための新プラン

 

ワイモバイル、UQモバイル、新プランとは?

 

akihabara-3 三大ブランドに対抗するための新プラン UQモバイル、ワイモバイルの動きとは?

 

この記事の目次

 

 

 

 

UQモバイル新プラン

前提条件として知っておいてほしいのはDoCoMo、au、Softbankが次々に新プランを発表したという事だ。

料金体系のわかりにくいさ、その価格設定の高さを総務省から兼ねて指摘されており、DoCoMoを皮切りに新プランを提供し始めた。

その三社の料金体系はこれまでのどのプランよりもわかりやすく概ね2.980円(税抜)という安価さも素晴らしい。

そこで窮地になるのはいわゆる格安SIMだ。

三大ブランドが安くなるのなら料金体系で勝ってきた格安系は厳しい戦いを強いられる。

そこで格安SIM、引いてはサブブランドであるUQモバイル、ワイモバイルは新料金形態を発表した。

今回のブログはそこにスポットを当てたブログだ。

 

 

新プランは3種類で提供される。

くりこしプラン「S」「M」「L」だ。

 

くりこしプランS

月データ容量3GB 月額1.480円(税抜)

くりこしプランM

月データ容量15GB 月額2.480円(税抜)

くりこしプランL

月データ容量25GB 月額3.480円(税抜)

 

これも複雑に考える必要は一切なく、例えばプランSの3GBを契約していたとする。

今月は2GBしか使用しておらず1GB余った分は翌月の基本データ容量3GBにプラスで余った分の1GBが足され4GBになるというわかりやすいものだ。

容量の大きなプランになると毎月、使いきれるかどうかは誰にもわからない。

しかし、くりこしできるのであれば少なくとも無駄にはせずに済む、というのが本プランの大きな特徴だろう。

この仕組みにより比較的、プラン変更を行いやすいというのもメリットだ。

格安SIM業界トップを走るUQだけに魅力的な安定したプランと言えるだろう。

注意しなければいけないのは別途で音声通話は料金がかかるということだ。

これらに対しては通話オプションという形で3種類から選択することができる。

安くても結局、そこでお金かかるのかと思われるかもしれないが、かつて違い現在はLINEやSkypeといったアプリ通話も一般的になってきている。

会社に置いてはこういったアプリを用いて社内間の連絡を済ませている所もあるので、心配なら770円でつけることができる国内通話限定で1回あたり10分の通話はかけ放題あたりを選択するとよいだろう。

 

ワイモバイル新プラン

ワイモバイル新プランのUQモバイルと同様に3種類で提供される。

シンプルプラン「S」「M」「L」だ。

 

シンプルプランS

月データ容量3GB(+1GB) 月額1.980円(税抜)

シンプルプランM

月データ容量15GB(+3GB)月額2.980円(税抜)

シンプルプランL

月データ容量25GB(+3GB)月額3.780円(税抜)

 

こちらも基本料金には通話料金の無料分はないので注意だ。

同様に通話オプションが選択できる。

国内通話に限り1回10分までかけ放題は700円(税抜)なのでUQと変わらないオプションと言っていいだろう。

では、最も気になるであろうデータ容量の横についている(+GB)について説明していこう。

これはワイモバイルが展開しているサービス、データ増量オプション月額500円(税抜)に加入した場合の数字だ。

しかし現在はこのデータ増量オプションがキャンペーン対象になっているため一年間の間無料となり、14カ月以降は先ほどの料金が基本料金に加算される形となる。

一年間限定であるがSプランであれば4GBで1.980円、Mプランであれば15GBで2.980円、Lプランであれば28GBで3.780円(各税抜)料金となる。

こうしてみるとくりこしもできる分、UQのほうが優れているのでは?という声も聞こえてきそうだが、ワイモバイルは家族割や光回線割を導入することができ、そうなってくると1000円ほど料金が下がるためお得な月額料金となる。

ただし、家族割は2回線目からの適用となるのでそこは注意が必要だ、家族でまとめて使うのならワイモバイルも十分に選択肢にはいるのではないだろうか。

乗り換えるべきなのか

この点は実に多くの方が気になっている所だと思うのだがまずはご自身の月々の料金と月データ容量を調べてみよう。

もし加入しているプラン、使用料が今回の新プランと比較してお得になったと言えるポイントがあるか。

そしてここからが大事なんだが、オプションの通話プランを付けても尚、お得かどうかを重視したい。

昨今ではアプリでの会話が多くなっているが、相手によっては導入していなかったりこれまでと同じように電話での対応となることがある。

その点を考慮するとやはり10分通話無料はマストで加入してもよいのではないだろうか。

この金額を踏まえた上で、お得になるポイントが多いなら十分に乗り換えるべきと言えるだろう。

ワイモバイル検討中の人は導入しやすい家族割を用いた時にどうなるかをしっかりと計算した上で行おう。

 

楽天モバイルは陸の黒船か

ここにきて最近、注目を浴びているのが楽天モバイルだ。

DoCoMo、au、Softbankに続く第4のキャリアを目指し爆走中の楽天モバイル。

米倉涼子氏を起用したインパクトの大きいCMは皆様のご記憶にも新しいのではないだろうか。

プラチナバンド帯ではないものの、一年間基本料金がタダといった凄すぎるアピールポイントで順調に人気を高めている。

私、個人の周りに加入している方も多く、メインで楽天を使用しているよ、という方もいればサブデバイスに楽天を選択している方もおり、やはり一年間といえど無料期間があるというのは人の心を鷲掴みにする。

では、いくつか楽天モバイルのメリットを説明していこう

 

その1 月データ使用量1GBなら無料

一年間が終われば当然、月額課金が発生する。

その後でも楽天では、なんと1GBの使用量以下なら無料という大胆な発表を行っている。

もちろん、日頃からデータをよく使われるという方にはちょっとありがたみが薄いかもしれないが、ほんと少ししか使わない方にはありがたいサービスだ。

基本的に外出中も会社や家でもWi-Fiという方には喜ばれる。

この価格で電話番号も手に入るためリーズナブルなこと、この上ない。

 

その2 1GBを超えたとしてもそもそも料金が安い。

1GBを超えた場合、自動的に料金は1-3GBの980円(税抜)になる。

バンド帯の違いこそあれ1-3GBで980円なら十分に安いと言える金額だろう。

その上の3-20GBまでであれば1.980円(税抜)だ。

ではその上はどうなるのか?

20GBを超える料金設定は2.980円(税抜)となる。

ここまでくると、さきほどのワイモバイルやUQモバイルの横並びに近いと思われるかもしれないが、こちらのプランはなんとか条件付きではあるが無制限の使用が可能となる。

楽天回線エリアで使用する分には制限がない、ということだ。

もちろん、その範囲は長く業界にいる三大ブランドにはまだ及ばないが、徐々にその範囲が広がっているのも確かなので、都心部などにお住まいの方には嬉しい内容となる。

今後、全国に楽天回線エリアが広がることを考えるのならばこのプランも良いだろう。

 

その3 夏ごろにはキャリアメールが導入されるかも

今どき、必要ないだろうと思うかもしれないが、そう、あんまり必要ない。

しかし、以外とニーズもあるようで私の知り合いの中にもやっぱりキャリアメールがないと、という方もいるのでここをポイントに楽天モバイルに決定する方もいるかもしれない。

 

その4 そもそもデメリットがあるとは言えないのでは?(期間限定だが)

よく考えてもほしいが、プラチナバンド帯でなかったとしても、まだキャリアメールが導入されていないとしても、そもそも無料なんだし失うものはないはずだ。

そう思えば無料期間中はまさにマリオで言えばスターを取った状態なので、その間だけ使うという選択肢もある。

不要になれば解約すればいいのだし。

こうしてみると、まずは楽天を使ってみて不満を強く感じるようならUQやワイモバイルでもよいのかもしれない。

特に楽天は1年は基本使用料無料なので、試すにはちょうどいいだろう。

ご自身の生活スタイルにあったSIMを選んでいただければと思う。

 

 

住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田1-15-8 丸山ビル4F
営業時間 10:00~18:00
定休日 1月1日
電話番号 03-5577-5547
オンライン予約

オンライン予約はこちらをクリック!

 

修理速報一覧記事

 

スマホスピタル秋葉原店では修理件数5万件突破★iPhone画面修理・バッテリー交換をはじめ、android機種、ゲーム機の修理も行なっております♪当店で行なった修理の数々を下記よりご確認いただけます!

一覧に戻る

03-5577-5547 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 秋葉原

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 秋葉原
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル